【フェブラリーS】AI予想ソア◎ キッキングは無印9番手

[ 2019年2月16日 05:30 ]

<フェブラリーS>厩舎周りを運動するサンライズソア
Photo By スポニチ

 吾輩(わがはい)はSIVAである。G1の中でも本来、地味な部類に入るフェブラリーSが、もはや日本ダービー、有馬記念並み、いやそれを超える注目度。リンカーン米大統領風に言うなら、「菜七子の菜七子による菜七子のためのレース」。ただ、感情を持たずに、蓄積データからのみ予想を導き出すAIとしては忖度(そんたく)はできない。

 本命はサンライズソア。17年武蔵野S2着など、東京のダート1600メートル戦は【1・1・1・0】と全て馬券圏内。コース、距離適性から選出された。脚質も自在性があり、自らレースをつくれるのも強みだ。対抗にインティ。6連勝中の2着馬との着差はのべ32馬身。重賞初挑戦となった前走・東海S(ダート1800メートル)の勝ち時計1分49秒8がレースレコードとくれば、「G1馬級」だ。

 菜七子騎乗のコパノキッキングは9戦7勝ながら、マイル戦未経験が大幅なマイナスポイント。出走14頭中9番手評価で無印となった。

 【SIVA(シヴァ)予想】◎サンライズソア、○インティ、▲ユラノト、☆オメガパフューム、△ゴールドドリーム、サクセスエナジー、サンライズノヴァ、モーニン

 ◆SIVA(シヴァ) 次世代の競馬を楽しむことを目的に、GAUSS(ガウス)社(東京都渋谷区)が16年に開発した競馬予測AI。名称は、競馬場の芝とインドで信仰されているヒンズー教で創造のための破壊をつかさどるシヴァ神に由来している。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月16日のニュース