PR:

【エプソムC】キャグニー、闘志燃ゆ!力強い伸びで重賞初Vへ

単走で追い切るダイワキャグニー(撮影・村上大輔)
Photo By スポニチ

 キャグニー、梅雨空を吹き飛ばして重賞初Vだ。今週の東京メイン「第35回エプソムC」の最終追いが6日、美浦&栗東トレセンで行われた。メイSを勝って意気上がる4歳馬ダイワキャグニーが単走で迫力満点の動き。5勝マークのベストの東京で念願の重賞初Vの期待が膨らむ。

 前走・メイSを勝っての中2週。角馬場では闘志満々のダイワキャグニーだったが、Wコースに入ると折り合いもピタリ。10馬身以上も前を行く僚馬ミッキーポジション(3歳1000万)を追い掛けようとムキになることもなく、重心を下げて自らをコントロールした。直線で軽く仕掛けると、1F13秒0の力強い伸び。まさに充実一途だ。

 僚馬ミッキーに騎乗した菊沢師は「僕の方が前を走ったので、あとで調教VTRをよく見ますよ!!」とニッコリ。角馬場まで馬上のすぐ近くで観察しており、愛馬の状況は手に取るように分かる。「併せ馬をしようかと思ったけど、結構気合も良かったので単走で。メリハリをつけた調教を心掛けた。中2週でも元気だし、これでいい」と合格点を与えた。

 15年セレクトセール1歳セリでは1億1340万円(税込み)で高額落札。3歳時にプリンシパルSを勝ち、ダービー(14着)まで駒を進めた厩舎の期待馬が古馬になって本格化した。オープンから降級危機もあったメイSは馬群を縫って一気差し。今月のクラス再編成でもオープンの地位を守った。指揮官は「この馬は常々4歳以降と言ってきたけど、骨格がしっかりして実が入ってきた。いい成長曲線で上がっている。メイSは今までにない競馬。能力を引き出してくれて良かった」と目を細める。

 全5勝を挙げているベストの東京コース。メイSより1キロ軽い別定56キロと重賞初Vのお膳立ては整った。気になる点といえば、時節柄の雨予報ぐらい!?同師は「今まで道悪(全10戦は全て良馬場)を経験したことがないので、正直やってみないと分からない。実は凄くうまいかもしれない。うちの厩舎の馬はみんなしぶとく頑張るので」と乗り慣れた横山典にバトンを委ねた。先週安田記念では僚馬アエロリットが2着力走した菊沢厩舎。G1舞台再進出のためにも、同期キャグニーには落とせない大一番だ。 エプソムC

[ 2018年6月7日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:08月22日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース