【マーメイドS】エテルナミノル、余力たっぷりで好感触

[ 2018年6月7日 05:30 ]

 年明けの愛知杯を勝ったエテルナミノルはCWコース単走で余力たっぷり。6F83秒2〜1F13秒2で駆け抜けた。鈴木助手は「今朝はサッと。いい感じに走っていましたよ。状態は変わらず問題ありません」と好感触。前走・ヴィクトリアマイル17着はゲート内で体勢が悪くなったタイミングでゲートが開いた。「前でしぶとさを生かすタイプなのでスタートを決めたい。二千の方が競馬がしやすいかな」とイメージしている。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年6月7日のニュース