【小倉記念】8歳古豪シャドウパーティーは「しっかり反応」

[ 2017年8月3日 05:30 ]

 東の名門・堀厩舎は15年5着のマローブルー以来、2度目の小倉記念参戦。今年は古豪シャドウパーティー(セン8)を起用してきた。

 追い切りは小倉ダートコース単走。5F71秒6〜1F12秒8と時計を出した。森助手は「先週日曜にしまいしっかりやっているので、今朝は馬なり。しっかり反応していたし、息の感じも良くなっています」と報告。前走・福島民報杯は15着惨敗も2走前の中山金杯は4着と上位争いに加わった。当時と同じハンデ54キロで一発を狙っていく。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年8月3日のニュース