【小倉記念】スピリッツミノル、CWでしまいだけ入念12秒0

[ 2017年8月3日 05:30 ]

 スピリッツミノルは角馬場で入念に体をほぐした後、CWコースへ。単走で終始馬なり。しまいだけ促され6F83秒5〜1F12秒0の時計を出した。

 「先週はまあまあの時計を出した。今週はそこまでやらず、しまいはしっかりやった。おおむね予定通りです」と橋本助手。これが今年7走目とコンスタントに使われているが「状態はずっと安定しています。疲れてへこたれている感じもない」と元気いっぱいをアピールした。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年8月3日のニュース