【小倉記念】音無師もビックリ!坂路で動いたクランモンタナ

[ 2017年8月3日 05:30 ]

 クランモンタナは坂路併走でびっしりと負荷をかけられ、4F52秒0〜1F12秒7をマークした。レッドアヴァンセ(4歳1000万)にはわずかに遅れたが、元々攻め駆けしないタイプ。音無師は「こんなに動く馬だったかなぁ」と笑みを浮かべる。

 ただ、前走の障害未勝利こそ制したものの、平地では苦戦続き。11番人気で波乱を演出した昨年に続く連覇が懸かるが、「柳の下にどじょうは1匹しかおらんやろ」と勝ち負けについては控えめなトーンに終始した。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年8月3日のニュース