【レパードS】ローズプリンスダム、坂路単走で小気味よく好時計

[ 2017年8月3日 05:30 ]

 ローズプリンスダムの最終追いは坂路。単走で小気味良く駆け上がると、4F52秒6〜1F12秒8の好時計をマークした。

 畠山師は「攻め駆けする馬だけどまずまずの動き。前走(ジャパンダートダービー8着)の後も順調に来ている」と目尻を下げた。その前走(2000メートル)は好位で運びながら4角付近で思わぬ失速。師は「今回は2勝している1800メートル。どうにか巻き返したいね」と力を込めていた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年8月3日のニュース