【安田記念】7歳にして進化!ロゴタイプ連覇へ豪快に先着

[ 2017年6月1日 05:30 ]

田辺を背に併せで追い切るロゴタイプ(右)
Photo By スポニチ

 ブレない。それが酸いも甘いも知る大人の強みだ。

 黒光りする馬体のロゴタイプが現れると、その場の空気が引き締まった。角馬場で体をほぐす間にグッと首が下がり、闘志を押し出しながらWコースへ。6馬身前を行くキーフォーサクセス(5歳500万)を追いかけ、直線入り口を過ぎて鞍上の田辺がゴーサイン。滑らかに加速すると残り100メートルで外からかわし、あっという間に5馬身突き放した。6F82秒3〜66秒0〜51秒5〜37秒2〜12秒0を計時。大きく回転する四肢とは対照的に、首からトモ(後肢)にかけてのラインは一本芯が通ったようにブレなかった。

 追い切りを見届けた田中剛師から自然と笑みがこぼれた。「本当にいい動き。ブレずに真っすぐ、地面をなめるように走っていた」。昨年の安田記念から1年。7歳にして「昨年よりも、また進化した」と師が評価する一番の要因は“ブレない”走りにある。以前は背中からトモにかけて弱さがあった。それが徐々にしっかりし完成形が見えてきたのが7歳の今年。「常歩(なみあし)からしっかり歩けている」と師は変化を伝えた。

 感染症で当初目標だったダービー卿CTを回避したが、間隔が空いてもいい出来にあるのも、ブレない走りができるようになったからだ。「帰厩後は坂路の本数を増やし、1回レースを使った分くらいの負荷をかけてきた。ブレずに走れているから以前より負荷をかけられる」と師。走りのバランスが整っていれば余計な部分に負担がかからず、疲れは最小限で済む。その分、強い調教も可能だ。

 4連勝で皐月賞を制した若駒時代。勝てずに悔しい思いをした3年2カ月。そして復活V後に、より大きな舞台で経験を積んだ昨年。「無事に6歳まで走ったから今がある」。苦楽を経験しなければ円熟し得なかった。7歳での安田記念連覇でさらなる高みへ…進化した姿を見せる。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年6月1日のニュース