【安田記念】ロジチャリス、素軽い脚さばき 内田「いい動き」

[ 2017年6月1日 05:30 ]

 ダービー卿CTを勝って勢いに乗るロジチャリスは内田が騎乗し、Wコースで併せ馬。テオドール(4歳1000万)を5馬身追走。4角すぎで馬なりのまま加速し直線内から並びかけると素軽い脚さばきで併入した。

 「いい動きだった」というシンプルな内田の第一声から、好感触が伝わった。「跳びが大きいから東京の方が合う。気持ちよく走らせてこの馬のレースをする」。初G1でも正攻法。全能力を発揮するのみだ。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2017年6月1日のニュース