【日本ダービー】実力馬マイネルスフェーンは「落ち着きが出た」

[ 2017年5月25日 05:30 ]

単走で追い切るマイネルスフェーン
Photo By スポニチ

 マイネルスフェーンは柴田大が騎乗してWコース単走で6F85秒3〜1F12秒9。

 3カ月半ぶりの前走・青葉賞は9着に終わったが、ホープフルS(2着)ではレイデオロに食らいついた実力馬。主戦は「前走も状態は良かったが、気負って前に行ってしまった。今回は落ち着きが出たし、うまくためられれば」と巻き返しを期していた

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年5月25日のニュース