【日本ダービー】今年6戦目のストリクトリ 心配は距離だけ

[ 2017年5月25日 05:30 ]

CWコースで併せて追い切るジョーストリクトリ(手前)
Photo By スポニチ

 今年6戦目だが出来落ちはない。ジョーストリクトリはCWコースでナンヨーマーズ(3歳500万)を2馬身追走。最後だけ軽く促され、体を並べてゴールした。

 鞍上の黒岩(レースは内田)は「いい活気があるし、状態は維持しています」とジャッジ。あとは4F延長の12Fがどうか。清水久師は「やっぱり長かったとなるのか、あるいは持ったとなるのか…。折り合いは大丈夫。レースはジョッキーにお任せです」と柔和な笑みを浮かべた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年5月25日のニュース