【日本ダービー】アメリカズカップ好ムード 愛弟子に託す音無師

[ 2017年5月25日 05:30 ]

ダンビュライト(手前)と併せて追い切られたアメリカズカップ
Photo By 提供写真

 アメリカズカップは3頭出しの僚馬ダンビュライト(3歳オープン)と併せて4F52秒8〜13秒0。1馬身先行からラスト1Fは手応えで劣勢になりながらも、よく食い下がって首差遅れでゴールへ。

 松若は「落ち着きがあるし、雰囲気は凄くいいですよ。位置取りにこだわらず折り合い重視で乗りたい」とイメージを膨らませている。音無師は「きさらぎ賞を勝ってからオーナーと相談して皐月賞とダービーも松若でいくと決めた。2400メートルを意識した乗り方をしてほしい。でも、こっちが言うと緊張するだろうから何も言わない」と愛弟子に全てを託す。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年5月25日のニュース