【日本ダービー】アルアイン“2冠仕上げ”に松山「自信」深めた

[ 2017年5月25日 05:30 ]

ジークカイザー(右)に並びかけるアルアイン
Photo By スポニチ

 池江厩舎豪華3頭の中でも実績No・1はもちろん皐月賞馬アルアインだ。

 いつもはほのぼのとした空気感の松山がキリッとした表情で「(クラシック)2冠馬のチャンスがあるのはこの馬だけ」と、肩書の重厚さを口にする。会見の後も各メディアに引っ張りだこ…。注目度は際立っている。

 CWコースの2頭併せ。ジークカイザー(4歳1600万下)を前に置き直線は内から首差先着。距離が半マイルとあれば余力たっぷりなのは当然だが、馬なりのラスト1F11秒7はシャープの一語。指揮官は「先週は長めからビッシリとやって息ができている。きょうはサラッとやった」と仕上げに胸を張る。

 松山も「体全体をしっかり使い落ち着きもあった。いい状態」と手綱越しの感覚を話し「自信をもって臨む」と大一番を楽しむかのような表情でコメントを結んだ。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年5月25日のニュース