PR:

【阪神JF】小柄感じさせぬ瞬発力!伸び脚良好リスグラシュー

軽快に坂路を駆け上がるリスグラシュー
Photo By スポニチ

 2歳女王決定戦「第68回阪神ジュベナイルフィリーズ」の最終追いが7日、栗東&美浦トレセンで行われた。アルテミスS快勝のリスグラシューは栗東坂路でリズミカルな走り。マイル仕様の瞬発力強化の鍛錬で上々の伸びを見せた。矢作師は「完成度が高い」と2歳女王を見据えている。 阪神JF

 小柄なのを感じさせない抜群のバネ。リスグラシューが、坂路を弾むように駆け上がった。坂井(実戦は戸崎)を背に単走で反応を確かめる程度の柔らか仕上げ。4F55秒2~1F12秒3。ほぼノーアクションで上々の伸び脚を披露した。

 動きを見守った矢作師は「馬なりで4F54秒台の予定。テンの入りが予定したより多少遅かったが、動き自体はとても良かった。走りのリズムがいい。今朝もカイバは完食している」と笑顔で切り出した。1週前は新コンビ戸崎を背に4F51秒8の好時計。当週は牝馬の定石通りにサラッと。青写真通りに運んでいる。

 2走前の阪神未勝利戦(芝1800メートル)は1分46秒2と、2歳では破格のレコードV。今年JRA調教師リーディング首位(52勝)を快走する指揮官は「阪神JF前にどこを使うか?」で戦略を練った。愛馬のベストは1800~2000メートル。1400メートルのファンタジーS(京都)では距離不足。「東京マイルなら、1800メートルのイメージで走れる」と選択されたアルテミスS。栗東~東京間の初の長距離輸送で4キロ減は「想定外」(同師)だったが、外寄り16番枠の不利を乗り越えて難なく抜け出した。3F33秒5の極上の切れ。思惑通りに賞金を加算し、G1切符を入手した。

 無論、阪神JFも来春の大目標となる桜花賞もマイル戦。同師は「マイルを意識し、主眼に置いているのは瞬発力!!」と調教の重点ポイントを端的に挙げた。前走・アルテミスSの最終追いが栗東坂路で1F12秒2。戸崎が騎乗した1週前が同12秒4で、この日が同12秒3。上り勾配3・5%(約2・0度)の坂路の厳しいゴール前を序盤のペースにかかわらず、最後はしっかり脚を伸ばす。強じんな末脚の原動力でもある。

 阪神は2走前のレコードVでクリア済み。指揮官は「近場の阪神ならプラス体重で出せる。現時点での完成度も高い。正直、不安らしい不安がない。あとは当日の馬場状態だけ。良馬場でやれれば」と女王の座をしっかり見据えている。

[ 2016年12月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:09月22日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース