【カペラS】ニシケンモノノフ、満足な仕上がり 右回りで反撃を

[ 2016年12月8日 05:30 ]

軽快に坂路を駆け上がるニシケンモノノフ
Photo By スポニチ

 カペラSに出走するニシケンモノノフ(牡5=庄野)は、浦和のオーバルスプリント(4着)以来の出走。坂路で4F52秒0~1F12秒4の好時計をマーク。

 庄野師は「前走後は暑さもあって疲れが出たけど、ひと息入れて順調に来れている」と仕上がりに満足げだ。右回りは全9勝を挙げており「1200メートルの距離も京都で勝っているので」と反撃を誓った。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2016年12月8日のニュース