【阪神JF】アリンナ、上がり重点12秒2 松元師「いい動き」

[ 2016年12月8日 05:30 ]

アリンナは力強く坂路を駆け上がる
Photo By スポニチ

 アリンナは詰まった間隔を考慮して坂路単走で上がり重点の内容。4F54秒2と全体時計こそセーブされたが、ラスト1Fで手綱を緩められるとすぐさま反応して12秒2と鋭く伸びた。

 「しまいだけ流したけど、いい動きだった」と松元師。新馬戦こそ2着に敗れたが、ブリンカーを着用したその後の2戦で連勝。世代屈指のスピードの持ち主だ。「初戦は他の馬を気にするようなところがあったけど、今は問題ない。ただ今回は距離も延びるし相手も強くなる。今の力でどこまでやれるか」と話した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2016年12月8日のニュース