【阪神JF】ゴールドケープ馬なり単走 活気ある動きで好調維持

[ 2016年12月8日 05:30 ]

ポリトラックで追い切るゴールドケープ
Photo By スポニチ

 ゴールドケープはポリトラック単走。上がり重点に馬なりのまま5F65秒4~1F11秒8と活気のある動きを見せた。

 「中1週なのでこれで十分。いい状態を維持できている」と佐藤助手。2走前のファンタジーSは好位から粘り強い走りで0秒3差5着と世代上位の力を示した。舞台については「道中で多少(ハミを)かむところがあるので(流れが落ち着きやすい)外回りがどうかだけど、続けて同じジョッキー(丸山)が乗ってくれるのはいい」と鞍上の手腕に託した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2016年12月8日のニュース