【オートレースGP】中村雅 史上5人目SGグランドスラム達成

[ 2016年8月15日 05:30 ]

プレゼンターの高田延彦(左)と優勝賞金ボードを高々と上げる中村雅

 伊勢崎オートのナイターSG「第20回オートレースグランプリ」(優勝賞金1300万円)は14日、最終12Rで優勝戦が争われ、6周3コーナーで先頭に立った中村雅人(35=川口)がSG6回目の優勝を果たし、史上5人目のSGグランドスラムを達成した。

 史上最年少Vをもくろむ鈴木圭も、SG連覇に闘志を燃やす青山も、エンジンを完全に仕上げた中村雅の前には全く歯が立たなかった。表彰式では「ファンの熱い声援が力になった」と感謝の気持ちを表現した。3日目までは平凡な動きも、クランクを交換した準決で一変。「試走は回転が上がってこなかったけど、レースは良かった。スタートも行けたと思う」と満足げ。元船橋支部後輩の鈴木圭の「悔しいというより、今後もSGでやれるという思いが強い。抜かれたのが(中村)雅人さんだから」と振り返る言葉が、中村雅の偉大さを物語っている。

 準決後には「自分が納得のいくレースをしたい」と抱負を語っていたが、納得どころか、今年は2月の浜松全日本選抜に続くSG2勝目と圧倒的な存在感を誇示する中村雅。今後も絶品さばきでオート界をリードする。

 【伊勢崎優勝戦VTR】1周3コーナーで鈴木圭が岩崎をさばき先頭へ。2周1コーナーで2番手の中村雅が追い込み態勢を築き、6周3コーナーで鈴木圭を逆転してV。鈴木圭は一歩及ばず2着。青山は3周1コーナーで3番手も、先行する2人を追えず3着。

 ◆中村 雅人(なかむら・まさと)1981年(昭56)2月21日生まれ。栃木県出身。川口支部所属。03年4月1日登録の28期生。同期は武藤博臣、桝崎陽介、山田達也、大木光ら。通算50V(SG6V、G18V、G24Vを含む)。1メートル59、46キロ。血液型AB。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年8月15日のニュース