【エルムS】クリノスターオー直線盛り返し2着 美「ズブさが課題」

[ 2016年8月15日 05:30 ]

 クリノスターオーが“らしさ”を発揮した。番手追走から勝負どころで手応えが怪しくなり、勝ち馬にかわされ3番手に後退。それでもジワジワと盛り返し、最後はもう少しあれば突き抜けていたかの首差2着。

 幸は「4角で勝ち馬が動いてきた時に、鼻面が並ぶぐらいで踏ん張れていたら…。ズブさが課題」と唇をかみ締めた。この後は短期放牧に出て、シリウスS(10月1日、阪神)に向かう。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2016年8月15日のニュース