【松戸AS】中村、地元で2度目のG1優出「競輪って分からない」

[ 2016年8月15日 05:30 ]

 中村は準決11Rで石井秀が不発となると番手まくりの武田―木暮の後ろにスイッチ。3着で10年宇都宮・全日本選抜以来、2度目のG1優出をかなえた。「もう乗れないと思った時期もあったし競輪って分からないものだなと思っています」。

 4月から千葉支部長を務め多忙な中でも地元から唯一のファイナリストとなった。「南関は1人だし持ち味を出せるよう決めずに。悔いの残らないレースをします」。どう立ち回るのか。レースの鍵を握るだけに軽視はできない。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年8月15日のニュース