【共同通信杯・水曜追い】ハートレー 横山典が絶賛「操縦しやすい」

[ 2016年2月10日 13:45 ]

 共同通信杯でデビュー3連勝を狙う東の大物ハートレー(牡3=手塚)はWコースで3頭併せの最終調整。前半から3頭で並走する形の中央を進み、最後まで馬なりのまま内シベリアンスパーブ(7歳オープン)と外ローズクランス(3歳500万)に半馬身先着した。

 初めて感触を確かめた新パートナーの横山典は「操縦しやすい。いい馬だ」と性能の高さを絶賛。手塚師も「先週より反応が全然いい。ホープフルS(1着)と同じような感じで出せる」と好仕上がりをアピールしていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年2月10日のニュース