【共同通信杯】メートルダール仕上がり良好 ゲートが鍵

[ 2016年2月10日 05:30 ]

 メートルダールも坂路を軽快な脚取りで駆け上がった。担当の斎藤助手は「短期放牧でリフレッシュを図り、しっかり乗り込んできた」と仕上がりの良さを強調する。

 京成杯では出遅れて後方を進みながら、猛然と差を詰めて3着。「長くいい脚を使えるので東京は合っている。気性も馬体も幼いのに結果を出してきたし、ゲートさえクリアすれば」と期待を寄せていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年2月10日のニュース