【クイーンC】コパノマリーン戸崎で一発狙う“強い相手でもやれる”

[ 2016年2月10日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・美浦=9日】新人の高木にもいつも分かりやすく話をしてくれる斎藤誠師。火曜もマイナス1度の極寒の中で、足を止めて取材に答えてくれた。「前回はたくさん迷惑を掛けてしまった」と反省から入ったのが、クイーンC出走のコパノマリーンだ。

 前走・フェアリーSは直線で4頭を妨害する外斜行。同馬も他馬に体がぶつかるロスがあったものの、5着まで追い上げた。「本来は他馬を怖がって逃げるような馬じゃない。広いコースになるし、強い相手でもやれると思っている」と仕切り直しの覚悟だ。

 今回から戸崎とのコンビ結成。「前走を見た圭太(戸崎)から乗りたいと言ってきた。何かいいものを感じてくれていると思う。能力はあるので、どうにか桜花賞コースに乗せてあげたい」と熱く語った。前走が嫌われての人気薄ならここは狙い目。メジャーエンブレムに一泡吹かせるのは、この馬かもしれない。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年2月10日のニュース