【共同通信杯】ハートレー 陣営、大器ぶりアピール「大したもの」

[ 2016年2月10日 05:30 ]

 最有力候補ハートレーは坂路で雄大なフットワークを伸ばした。担当の中條助手は「体の使い方が凄くいい。前走後に放牧を挟んで落ち着きが増してきた」と笑顔。

 新馬、ホープフルS連勝のレースぶりにも「まだトモ(後肢)が緩い中であれだけのパフォーマンスができたのは大きい。レース後も息が上がらなかったし、大したものです」と大器ぶりをアピールしていた。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2016年2月10日のニュース