【東スポ杯2歳S】ミスターX 前走に続きハレルヤを指名

[ 2015年11月23日 05:30 ]

 東京11R・東スポ杯2歳Sはハレルヤボーイだ。前走・サウジアラビアRCに続いての本命指名。1800メートルはデビュー戦以来となるが、メジャーエンブレム(アルテミスS2着)、プランスシャルマン(百日草特別V)の3着と強敵相手に好走。距離適性に不安はない。

 5着だった前走は好スタート後に8番手(12頭立て)まで下げて、後ろからの競馬を選択。直線はメンバー2位の末脚(3F33秒2)で鋭く伸びたが、勝ったブレイブスマッシュには1馬身届かなかった。だが最後の伸び脚は明らかにハレルヤボーイの方が上。悔しい0秒2差は、6番手から追い込んだ勝ち馬との位置取りの差だけだった。「少し大事に乗りすぎた」と田村師も唇をかんだ前走。その教訓を初の重賞舞台で存分に生かす。父トーセンファントムが09年に頭差2着に惜敗したこのレースで、息子の激走に期待したい。

 馬単(3)から(1)(2)(4)(6)(9)(10)

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2015年11月23日のニュース