【京都新馬戦】良血リオンディーズ、圧巻の内容で初陣V!

[ 2015年11月23日 05:30 ]

京都5R新馬戦を勝利したリオンディーズ(左)

 京都5R新馬戦(芝2000メートル)は半兄にG1・2勝を挙げたエピファネイア、母は日米オークス馬シーザリオという良血リオンディーズ(牡=角居、父キングカメハメハ)が1番人気に応えて初陣V。岩田は「きょうはエンジンを踏む必要がなかった」と興奮を抑え切れない表情。

 レースは終始、外々を回って押し切る圧巻の内容。上がり3F33秒4。ゴール前では流す余裕を見せ1馬身半差の快勝だ。「きょうは期待通りの走り。持っているものは大きい」と岩田。次走は未定。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2015年11月23日のニュース