【新潟新馬戦】マイネルラフレシア快勝 柴田大絶賛「凄い」

[ 2015年9月7日 05:30 ]

新潟5Rを制したマイネルラフレシアは直線の反応が光った

 新潟5R新馬戦(芝1800メートル)は、好位4番手を追走した4番人気マイネルラフレシア(牡=高橋裕、父ジャングルポケット)が直線で鋭く抜け出して快勝した。

 手綱を取った柴田大は検量室前に引き揚げてくるなり「凄い」と興奮気味。「直線の反応が素晴らしかった。最後は少し追ったが、結果的には追わなくてもよかったくらいの手応え。いい素質を持っています」と絶賛した。次走は未定。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2015年9月7日のニュース