【新潟新馬戦】米国産馬チェストケリリー、断然人気に応え差し切りV

[ 2015年9月7日 05:30 ]

 新潟6R新馬戦(ダート1200メートル)は、米国産馬チェストケリリー(牝=武井、父スキャットダディ)が単勝1.4倍の断然人気に応えて差し切りV。中団追走から逃げ粘るドウカンヤマをゴール前できっちり首差捉えた。

 吉田隼は「テンションだけが心配だったが、落ち着いていた。大人びていて2歳馬っぽくない」と高評価。武井師は「落ち着き過ぎている分、距離も融通が利きそう」と見通し。次走はエーデルワイス賞(10月15日、門別)を予定している。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2015年9月7日のニュース