【新潟記念】戦い終えて

[ 2015年9月7日 05:30 ]

 ▼3着ファントムライト(戸崎)前に乗せてもらった時より、ゆったり走れていた。速いより緩い馬場の方が合っている。

 ▼4着ロンギングダンサー(吉田豊)道中は馬のリズムを崩さず走った。最後もよく追い上げている。

 ▼5着ラブイズブーシェ(田辺)ダイヤモンドS(15着)で騎乗した時はリズムが悪かったが、きょうは動きが素軽かった。少しずつ復調している。

 ▼6着ダコール(小牧)3角で馬の真後ろに入る形でバランスを崩した。それでもこの重量で頑張ってくれた。

 ▼7着アルフレード(柴山)湿った馬場で脚を取られ直線もいつもの爆発力がなかった。

 ▼8着スイートサルサ(蛯名)伸びそうな気配はあったが…。息遣いも良くなかったし距離も長いのかもしれない。

 ▼9着メドウラーク(田中勝)位置取りはばっちり。良で切れる脚を使ってきたが、きょうは馬場が合わなかった。

 ▼10着マジェスティハーツ(森)道中は折り合いに専念。ノメり加減で走り最後も甘くなってしまった。雨馬場は良くない。

 ▼11着アーデント(石川)大逃げは作戦通り。馬場の良い所を選んで走ったが粘り切れなかった。

 ▼12着クランモンタナ(内田)道中はいい感じだったが、馬場の影響もあるのか、しまいはひと息になった。

 ▼13着メイショウカンパク(大野)休み明けだし使って良くなると思う。

 ▼14着ネオブラックダイヤ(秋山)流れに乗れなかった。3角の不利も大きかった。

 ▼15着アヴニールマルシェ(北村宏)馬の後ろでタメる形になったところで内から来られた。馬場もあって伸び切れなかった。

 ▼16着ミュゼスルタン(柴田善)道中の手応えは悪くなかったが、4角で早々と動けなくなった。

 ▼17着ユキノサムライ(国分恭)ゲートでモタモタした。3角で不利を受けリズムも悪くなった。

 ▼18着ユールシンギング(吉田隼)以前から頭を下げる癖があって気を付けていたが、タイミング悪くゲート(スタート)を切られてしまった。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2015年9月7日のニュース