【札幌日経OP】ペルーサ“史上最長”5年3カ月8日ぶり白星

[ 2015年8月9日 05:30 ]

<札幌日経オープン>逃げ切って勝ったペルーサ(4)

 札幌メーン・札幌日経オープンは8歳のペルーサが10年5月1日の青葉賞以来、JRA史上最長勝利間隔となる5年3カ月8日ぶりの白星を挙げた。これまでの記録はアドマイヤセナが06~11年に記録した5年2カ月16日だった。

 1周目正面からハナに立つと、そのまま押し切りレコードのおまけ付き。ルメールは「後ろからだとリラックスしすぎるので、出して行った。これまでと違うレース運びで刺激を与えられた」と会心騎乗を振り返った。藤沢和師は「札幌記念(23日)は中1週なので、放牧に出して秋に備えることになるでしょう」と、見通しを語っていた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年8月9日のニュース