【新潟6R新馬戦】プリンシパルスター快勝 戸崎「レースでは素直」

[ 2015年8月9日 14:06 ]

新潟6R新馬戦、レースを制したプリンシパルスター

 新潟6R新馬戦(芝1400メートル)は6番手で折り合った2番人気プリンシパルスター(牡=矢作、父ダイワメジャー)が鋭く伸び、先に抜けた2着ニシノジャーニーに3/4馬身差で快勝。戸崎は「返し馬ではやんちゃな面を見せたけど、レースでは素直だった。我慢も利くし、しまいもしっかりと伸びた」と称えた。

 母シルクプリマドンナは00年オークス馬。次走は未定だが今後の活躍が期待される。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年8月9日のニュース