【小倉記念】アズマシャトル 差し切り快勝!松若と重賞初制覇

[ 2015年8月9日 15:47 ]

<小倉記念>重賞初制覇を飾ったアズマシャトル(左)右は2着のベルーフ(5)

 第51回小倉記念(G3、芝2000メートル・晴・良)が9日、小倉競馬場11Rで行われ、松若騎手騎乗の6番人気アズマシャトル(牡4=加用厩舎、父ゼンノロブロイ、母ブレッシング)が直線差し切って勝ち重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分58秒0。松若騎手も重賞初勝利。

 ほぼそろったスタートで始まったレースは、激しい先行争いをノボリディアーナが制してハナを奪うと、バッドボーイ、ウインプリメーラ、メイショウナルト、ゲシュタルトが続く展開となった。やや速めの流れとなり、マローブルー、ベルーフは中団につけ向正面から第3コーナーへ向かった。

 ノボリディアーナ、バッドボーイが前のままコーナーに入るとそとからゼンノエルジェロがまくり気味に進出、マローブルー、ベルーフ、パッションダンスも前をうかがい直線へ。マローブルー、ベルーフが伸びてくるがそとからアズマシャトルがさらに伸びて差し切り勝利を飾った。

 1馬身4分の1差の2着はベルーフ、そこからクビ差の3着はウインプリメーラが入った。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年8月9日のニュース