【レパードS】クロスクリーガー 直線抜け出しJRA重賞初制覇!

[ 2015年8月9日 16:01 ]

<レパードステークス>レースを制したクロスクリーガー(右・9番)

 第7回レパードステークス(G3、ダート1800メートル・晴良15頭)は9日、新潟競馬場11Rで行われ、岩田騎手騎乗の1番人気、クロスクリーガー(牡3=庄野厩舎、父アドマイヤオーラ、母ビッグクィーン)が、直線で抜け出し優勝した。勝ち時計は1分51秒9。

 ややばらついたスタートからゴールデンバローズが先頭にたち、2番手にセンチュリオン、その後はライドオンウインド、カラパナビーチなどがつける展開。

 4コーナーから直線に入り、逃げるゴールデンバローズに1番人気クロスクリーガーが手応え良く並びかける。懸命にゴールデンバローズも食い下がったが、クロスクリーガーが一気に振り切ると、最後は外から猛追したダノンリバティに3/4馬身差をつけてJRA重賞初制覇を飾った。

 2着ダノンリバティと1馬身3/4差の3着にはタマノブリュネットが入った。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年8月9日のニュース