【札幌5R新馬戦】6番人気スパーキングジョイが鮮やか差し切り勝ち

[ 2015年8月9日 12:37 ]

札幌5R新馬戦で、きわどくゴール前で差し切ったスパーキングジョイ

 メイクデビュー札幌は9日、札幌競馬場5R(芝・1800メートル・晴・良)で行われ、藤岡康騎手騎乗の6番人気、スパーキングジョイ(牡2=藤岡健厩舎、父ヴィクトワールピサ、母フレアキャスケード)が差し切って新馬勝ちを飾った。勝ち時計は1分52秒5。

 ばらついたスタートからセカンドエフォートが先手を取り、1番人気のティルヴィングが2番手、モンサンアルナイル、オズマ、オリエンタルイギーがその後に続いてレースを進める。ゆったりとした流れでレースは進み、セカンドエフォート、レッドボルテクスが競り合って4コーナーを回って直線へ。すると外からグングン伸びたスパーキングジョイと馬群を抜け出したザスターイズミーの先頭争いとなり、最後はスパーキングジョイが首差先着してデビュー戦を飾った。

 2着のザスターイズミーと1馬身3/4差の3着にはセカンドエフォートが入った。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2015年8月9日のニュース