【中山新馬戦】ハッピーサークル差し切りV、戸崎「楽しみ」

[ 2015年3月8日 05:30 ]

<中山新馬戦>ハッピーサークル(右)が叩き合いを制しデビュー勝ち

 7日の中山4R新馬戦(ダート1200メートル)は、中団追走の3番人気ハッピーサークル(牝=田島、父キンシャサノキセキ)が伸び、逃げ粘るディスティニーガイをゴール寸前で差し切った。

 戸崎は「追い切りも動いていたと聞いていた。トモ(後肢)が甘い現状でこれだけ走るのだから、しっかりすれば楽しみ」と笑顔。田島師は「坂路では動かなかったが、トラックに切り替えてから動いた。血統的にもダートの短いところが良さそう」と話していた。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2015年3月8日のニュース