【チューリップ賞】ブチコ惨敗14着…今後はダート路線へ

[ 2015年3月8日 05:30 ]

<チューリップ賞>14着に終わり引き揚げるブチコ

 白毛にブチ模様のあるブチコは14着に惨敗。序盤で2番手までポジションを上げたが、直線伸びなかった。

 武豊は「(17番)枠なりに思い通りのレースはできたが、最後は止まった」と悔しそう。音無師は「芝でもフットワークは悪くなかったが、最後はだらしなかった。芝適性がいまひとつなのかも」と分析。今後は「オーナーと相談するけど、芝を使うことはないだろう」とダート路線を歩むもよう。

 担当の橋本真助手がパドックで毎回ブチ柄の衣装を着けて登場することでも注目されているが、この日はブチ柄のシューズ。さらにレース名にちなみ、尻尾の付け根にチューリップのシールを付けていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年3月8日のニュース