【弥生賞】サトノクラウン3戦全勝、重賞2連勝!皐月賞“王手”

[ 2015年3月8日 16:04 ]

<弥生賞>レースを制したサトノクラウン

 皐月賞トライアル第52回弥生賞(G2、芝2000メートル・曇やや重11頭)は8日、中山競馬場11Rで行われ、福永祐一騎手騎乗の2番人気、サトノクラウン(牡3=堀厩舎、父マルジュ、母ジョコンダ2)が、ゴール前で力強く抜け出し優勝、3戦全勝で前走に続き2度目の重賞制覇を果たした。勝ち時計は2分1秒8。

 ほほそろったスタートから、ジャストフォーユーが先手を奪い、シャイニングレイ、コメート、ベルラップが続き隊列が整う。ジャストが引っ張りやや早めのペースでレースが流れ、行きたがるそぶりを見せていたシャイニングが流れに乗って向正面から3コーナーに向かった。コーナーを回ってジャストの勢いがなくなると、中団で折り合っていたサトノクラウンが直線満を持して抜け出し、ブライトエンブレムに1馬身1/2差をつけてゴールに飛び込んだ。

 2着ブライトエンブレムから2馬身1/2差の3着にはタガノエスプレッソが入り、皐月賞(4月19日、中山)の優先出走権を獲得した。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年3月8日のニュース