【チューリップ賞】戦い終えて

[ 2015年3月8日 05:30 ]

 ▼2着アンドリエッテ(川田)返し馬から得意な馬場じゃなかったが、最後はいい脚を使ってくれた。あらためて能力の高さを見せてくれた。

 ▼3着レッツゴードンキ(岩田)こういう馬場だったので気分良く走らせようと。最初で脚を使った分、最後で踏ん張りが利かなかった。

 ▼4着ロカ(M・デムーロ)スタートは良かったが、まだ馬が若いね。良馬場の方がいい。

 ▼5着アスカビレン(秋山)キャリアを積んで、この馬の持ち味を生かせるようになった。距離は延びても大丈夫。

 ▼6着コンテッサトゥーレ(北村友)ゲートも出たし、馬場に脚を取られながらも上手に走っていた。

 ▼8着ティーエスクライ(和田)勝ち馬の後ろにいたが手応えが違った。

 ▼9着タッチングスピーチ(福永)ゲートの中でガタガタしてタイミングが合わなかった。重たい馬場は大丈夫。

 ▼11着クルミナル(池添)馬場が悪くて持ち味の瞬発力が生きなかった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2015年3月8日のニュース