【伊東・共同通信社杯】藤木との対戦 新田祐のスピード優勢だ

[ 2014年4月28日 05:30 ]

 新田祐大と藤木裕の初対戦は10年9月前橋S級シリーズ準決勝(藤木1着、新田祐4着)。これまで18回対戦があり新田祐の通算成績は【6・4・1・7】で連対率56%。藤木は【5・1・2・10】で連対率33%。対戦当初は藤木が勝っているケースが目立っていたが、直近10戦では成績が逆転。新田祐の1着が多く藤木が先着したのは昨年11月競輪祭準決勝だけ。やはりバンクレコードを叩き出した新田祐のスピードが優勢だ。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2014年4月28日のニュース