凱旋門賞馬トレヴ、初黒星2着 ヘッド師「馬は問題ない」

[ 2014年4月28日 05:30 ]

 昨年の凱旋門賞でオルフェーヴル(引退)に5馬身差つけて圧勝したトレヴ(牝4=フランス)が27日、仏ロンシャン競馬場でG1ガネー賞(2100メートル、8頭)にデットーリ騎乗で出走、2着に敗れた。通算6戦目で初黒星。凱旋門賞以来の休み明けで、直線、シリュスデゼーグルとの叩き合いから前に出たが差し返された。勝ち馬は前走、ドバイシーマクラシックでジェンティルドンナに敗れ、2着だった。マダム・ヘッド師は「久々だからね。馬は問題ない」と語った。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2014年4月28日のニュース