仏ダービー馬アンテロ楽勝!中1週で凱旋門賞へ

[ 2013年9月23日 06:00 ]

 G3プランスドランジュ賞(芝2000メートル)が21日(日本時間同日午後)、フランス・ロンシャン競馬場で行われ、今年の仏ダービー馬アンテロ(牡=ファーブル)がペリエを背に1番人気に応えて楽勝した。中1週となる凱旋門賞(10月6日、同)への出走が注目されるが、英競馬専門紙レーシングポスト電子版によれば、オーナーサイドのマネジャーが「調教師とも話したところ、凱旋門賞に向かう可能性は非常に高い」と語った。実現すればキズナ(日本ダービー)、ルーラーオブザワールド(英ダービー)と、今年の日英仏ダービー馬がそろう。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2013年9月23日のニュース