【阪神新馬戦】ヴィンテージローズ、好センス発揮

[ 2013年9月23日 06:00 ]

 22日の阪神5R新馬戦(芝1600メートル)は、好位のインで折り合った3番人気ヴィンテージローズ(牝=橋口、父ゼンノロブロイ)が、外から迫ったパドルウィールを首差振り切った。小牧は「外の馬に寄られてから、またひと伸び。上のクラスでも通用しそう」。母はロゼカラーで、半兄に重賞3勝馬ローゼンクロイツなどがいる、いわゆるバラ一族。橋口師も「牝馬らしく丸みがあっていい体つき。走りのセンスもいい」と語った。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2013年9月23日のニュース