【新鋭王座決定戦】篠崎仁 会心逃げ「自分のレースできた」

[ 2013年9月23日 22:20 ]

優勝戦を制した篠崎仁志(1)。左は2着の中嶋健一郎

新鋭王座決定戦

(9月23日 桐生ボートレース場)
 篠崎仁は会心の逃げでG1を初制覇した。3日目から準優勝戦まで4連勝した勢いを大一番にそのままぶつけた。

 レースは1周目1マークで2艇が転覆、落水するアクシデントがあったが、篠崎仁は難を逃れた。「目指して頑張ってきたレースなので、うれしい。しっかりと自分のレースができた」。事故に遭った選手が心配な様子で表情は硬かった。

 この勝利でSG出場の機会は確実に増えそうだ。既に有力選手へと成長している兄の元志を追い越す日は早いかもしれない。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2013年9月23日のニュース