【神戸新聞杯】2着マジェスティハーツ豪快伸び

[ 2013年9月23日 06:00 ]

 7番人気マジェスティハーツが上がり最速、3F33秒6の決め手で2着に食い込んだ。道中は17番手で4角では最後方。しかし、大外に持ち出して豪快に伸びた。森は「うまく折り合いをつけられた。最後は内にモタれながらもよく伸びた。本当に素質のある馬」と相棒の走りを称えた。森は通算15勝で、G1騎乗可能となる31勝に満たず、菊花賞には騎乗できない可能性が大。松永昌師は「本番はユタカ(武豊)にオファーを出している」と話した。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2013年9月23日のニュース