【弥生賞】登竜門制したカミノタサハラ 秋まで目が離せない

[ 2013年3月4日 06:00 ]

 弥生賞がグレード制施行でG2に格付けされ、現行の中山芝2000メートルとなった84年以降の優勝馬でクラシックを制したのは11頭。84年シンボリルドルフと05年ディープインパクトは3冠馬。本番の皐月賞だけでなくダービーや菊花賞でも好成績を挙げており、カミノタサハラも秋まで目が離せない存在だ。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2013年3月4日のニュース