【弥生賞】エピファ初黒星4着…代打ビュイック「掛かった」

[ 2013年3月4日 06:00 ]

1番人気に推されたエピファネイアは4着に敗れた

 単勝2・3倍の1番人気エピファネイアが痛恨の初黒星を喫した。スタンド前は何とかなだめたが、2コーナー付近から、力んで行きたがった。残り1Fで早々と先頭に立ったが、中盤での消耗が響き、上位3頭に次々と抜かれて4着。連勝は「3」でストップした。

 主戦・福永の騎乗停止で初コンビのビュイックは「道中で掛かり通しだったのが全て。(向正面で)馬の後ろに1回入れるチャンスがあって入れたけど、それでも掛かった」と、肩を落とした。短期免許満了でラストウイークとなった助っ人は「うまくなだめれば、もっとはじける馬。きょうはそれができなかったが、次に巻き返してほしい」とエールを送った。角居師は「映像で見る以上に、だいぶ道中でハミをかんでいた。内に入る場所もなかった。初めての中山を経験したことで、変わってくれば」と本番での名誉挽回を誓った。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2013年3月4日のニュース