【玉野記念】直線一気!村上が追い込み記念連続V

[ 2013年3月4日 06:00 ]

優勝カップを手に笑顔の村上義弘

 追い込んだ村上義弘(73期)が2月奈良に続く記念連続Vを飾った。レースは三宅達―三宅伸―大前―佐藤―小野―脇本―村上―有賀―諸橋。打鐘から脇本が先行態勢に入ると佐藤がイン粘り。最終Hで村上が佐藤をさばくと、最終Bは脇本―村上―佐藤―小野…の順で通過。三宅達はまくり不発。脇本の番手を死守した村上が直線一気に抜け出した。通算25回目の記念Vを決めた村上は「脇本君の番手を守ることに集中していた。今後も1番車(チャンピオンユニホーム)に恥じないよう一戦、一戦頑張ります」と話した。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2013年3月4日のニュース