【京都金杯】トーセンレーヴ「仕上がり万全」新コンビに期待

[ 2013年1月4日 06:00 ]

 トーセンレーヴはCWコースで単走。「仕上がっているんで半マイルだけサーッと。乗り手は(手綱を)放したらいくらでも時計が出そうなくらい、と言っていました。あとは流れでしょう。しっかりとタメをつくって直線に懸ける形で」と池江師。また鞍上・ビュイックについては「次代のイギリスを背負うぐらいの才能あるジョッキー。昨年は所属厩舎(J・ゴスデン厩舎)がリーディング。彼の力によるところも大きいと思う」と解説。24歳の名腕とのコラボが楽しみだ。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2013年1月4日のニュース