【川崎・報知ASC】シーズザゴールドが約2年9カ月ぶり重賞V

[ 2013年1月4日 06:00 ]

 南関13年最初の重賞「第49回報知ASC」が3日、川崎で行われ、4番人気シーズザゴールドが船橋・川島正厩舎移籍2戦目で快勝。10年羽田盃以来、約2年9カ月ぶり2度目の重賞勝ちを決めた。序盤は後方も、流れが緩んだ1周目ゴール板前で一気に動いて先団へ。4角3番手から直線、半馬身抜け出した。初騎乗の戸崎は「動いた後もリズム良くいけた。最後は他馬に攻められたが力があった」。川島正師も「鞍上の好判断」と笑顔を見せた。

 ◆シーズザゴールド 父スキャターザゴールド 母ユキノアサヒ(母の父マニラ)牡6歳 船橋・川島正行厩舎所属 馬主・大典牧場 生産者・北海道新ひだか町の秋田育成牧場 戦績24戦6勝(南関東20戦5勝) 総獲得賞金9408万1000円。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2013年1月4日のニュース