【シンザン記念】エーシントップ 戦闘モード4F53秒9

[ 2013年1月4日 06:00 ]

 13年初となる3歳重賞「第47回シンザン記念」の追い切りが3日、行われた。栗東組では朝日杯FS(8着)で連勝がストップしたエーシントップが中2週の疲れを感じさせない動き。坂路単走で4F53秒9。最初の1Fは15秒2でゆったり入って、そこから13秒4、12秒3とギアを上げるとラスト1Fも13秒0で非凡な脚力を見せつけた。西園師は納得の表情を浮かべた。

 「馬場状態を考えれば上々。気合も乗って戦闘モードに入っているね」

 前走・朝日杯FSは掛かり気味にハナに立ち、道中外からかぶせられる厳しい展開。「スムーズな競馬ができなかった」と浜中が不完全燃焼の内容に唇をかんだ。再びマイル戦に挑む今回は「とにかく折り合い」がポイント。デビュー3連勝で能力の高さは証明済み。3歳初戦をきっちり勝っていま一度、勢いを取り戻す構えだ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2013年1月4日のニュース